2019年8月23日金曜日

2019/8/17-18 公開林間実習2019

お盆休暇が明け、今年度の実習も後半戦に突入です。
まずは一般向けの「公開林間実習」をご紹介。

大学生を対象とする他の実習とは異なり、子どもから大人まで幅広い年齢の「一般」の方を対象に演習林を紹介するという内容です。
演習林は通常開放していないため、滅多に見られない貴重な天然スギを間近に観ることができるチャンスです。
佐渡島民はもちろん遠く山梨県の方まで、また保育園に通う小さい子から還暦超えのベテランの方まで、総勢 22名の方にご参加いただきました。

【1日目】
初日はまず到着してすぐに演習林に向かい、森林の生き物を観察するためのトラップを仕掛けました。
森林内の地上を歩き回る昆虫を捕らえるための「ピットフォール(落とし穴)トラップ」と、木の実などを食べて暮らしている野生のネズミを捕らえるための「シャーマントラップ」です。
それぞれ一人3個ずつの罠を仕掛けて、翌日に回収します。
コップをしっかり埋めて、さあ何が捕れるかな
宿舎に戻ると、崎尾先生によるミニ講義「佐渡島の自然」が行われました。
子どもたちも興味津々で、講義の合間にも質問の連続となり先生がたじたじの場面も。
先生の口調もいつもより優しめ…?
講義の後は、お待ちかねのバーベキュー!
今回も佐渡産の新鮮な海産物をはじめ、おいしい食材が豪華に並びました。
夏休みのよい思い出を作ってください、乾杯!
サザエもお肉も焼けるのが待ち遠しい
暗くなると、子ども達は花火ではしゃぎ回っていました
【2日目】
いよいよ前日に仕掛けたトラップの生物観察に出発です。
子ども達は(大人も?)早く中身が見たくて仕方ない様子。
自分が仕掛けた場所をちゃんと見つけられるかな
いろんな昆虫が落ちています!
みんなで捕れた昆虫を集めて観察します
昆虫の次は、ネズミの仕掛けを回収します。
ネズミは年によって捕獲数が大きく変動するとのことで、昨年は10匹も捕れたので今年は少ないかもしれない…と少し心配な部分も。
トラップの入り口が閉まっていたら、入っている可能性がありますよー
結果はどうだったかな?
予想外のお客さん、サドマイマイカブリが入っていたものも!(これはこれで嬉しいです)
捕獲はなんと…66トラップで1匹!!少ないけど、観察できて良かったね
大きな黒目が愛らしいアカネズミさんです
わずかな隙間から食い入るように見つめる少年
もう一つのメインイベントは、天然スギを観察するトレッキングです。
普段は立ち入りできない演習林の奥地ということで、楽しみされていた方も多い様子。
1時間ほどの山歩きですが、保育園の子ども達もしっかり歩きましたよ!
台風一過で気持ちよい山日和
大王スギの立ち姿を見上げる参加者たち
どうしても見たい!というリクエストにお応えして、金剛杉も見学コースに
最後は見晴らしの良い場所で、佐渡の山と海を見渡します
さらに高い丘に上がって、いい景色が見れたかな?
ご参加いただいた皆さん、新潟大学の演習林はいかがでしたでしょうか?
なかなか観ることができない森林の姿を知り、皆さんの良い夏の思い出になりましたら幸いです。

来年度も開催予定ですので、ご興味を持たれた方は佐渡演習林HPをチェックしてぜひぜひご応募くださいね!

【おまけ】
夏の暑い盛りは、きのこの種類も少なくなります。
森の中を歩いていてもなかなか出会えない、なんて話をしていたところ…
倒木上に白っぽい塊がもりもり!
スーパーで売っているシイタケやシメジとは形がだいぶ異なりますが、ホウキタケというきのこの仲間なのですよ。
先端が王冠状なのでフサヒメホウキタケでしょうか

さくらサイエンス実習JSTのHPに活動報告up!

7月末に開催されましたさくらサイエンスプラン実習の活動報告がJSTのHPにupされました!
https://ssp.jst.go.jp/report2019/k_vol012.html
演習林からのブログは、写真の調整後、再度アップしますのでお待ちください!

2019年8月10日土曜日

佐渡の小川のヒマワリ畑と夕焼け

今日から夏季休暇の人も多いのでしょうか?お休みの人も仕事の人も、猛暑が続きますが、体調にはくれぐれもお気を付けください。

昨日の夕焼けは、雲にとても映えていました。小川のひまわりと共に。
海を背景にヒマワリが花盛りです

2019年8月4日日曜日

佐渡オープンウォータースイミング

連日の猛暑ですが,佐渡も毎日30度を超えて,夜も熱帯夜が続いています.本日,佐和田の海水浴場でオープンウォータースイミングが開催され,ひと泳ぎしてきました.波もなく穏やかな海でしたので,気持ちよく泳げました.気温も高いですが,水温も30度を超え,ぬるま湯に使っているようでした.泳いでいて熱中症になるかもしれないので,水分と塩分はしっかりとってスタートしました.1500mに出場しましたが,卒業生の I さんも参加していました.これからは,クラゲも発生してきますので,海で泳ぐときは気をつけてください.(ボス)




2019年8月3日土曜日

アカバナのシロバナ?

オオアカバナが咲いています。もう花期も終わりごろですね。オオアカバナは日本では稀に分布しており、佐渡でも数少ない植物です。


山の上ではアカバナも咲いていました。
演習林の風衝地ではアカバナも見られます。
 こちらは金北山。ん?白いアカバナ?アカバナのシロバナ?

どうやらイワアカバナのようです
調べてみると、ヒメアカバナも分布しているようです。アカバナ、オオアカバナ、イワアカバナ、ヒメアカバナ。猛暑が続きますが霧のかかる稜線で納涼しつつ、佐渡のアカバナの仲間コンプリートを目指します!

2019年7月31日水曜日

2019公開林間実習8/17-18_今週金曜締め切り!

2019公開林間実習8/17-18、今週金曜(8/2)締め切りです!一般の方が演習林に入れるチャンスです。森の動物調査や天然杉観察を是非してみませんか?皆様のご参加をお待ちしております!
http://www.agr.niigata-u.ac.jp/fc/sado_html/pdf/koukairinkan2019.pdf

2019年7月29日月曜日

2019/7/12-15 新潟大学農学部_野生動植物生態学実習

実習に参加された皆さん、大変お待たせいたしました!
7月に入り、大型の実習続きで更新が追いつかなくなってきました。
8月お盆明け以降はさらに怒涛の実習ラッシュとなりますので、今からこれでは先が思いやられます…。

今回は新潟大農学部+理学部の 3年生 30名がやってきました。
…実はこの実習は今年度初めて行われたため、教員・職員達にもどのような結果に落ち着くかわからないというチャレンジングな内容!
しかも、20年ほど前に演習林の尾根付近に植えられた若木を、地上部から地下部までまるごと持ち帰って計測しようという、大胆さ!!
それでもフィールド活動には手馴れた3年生、さすがの貫禄?でさくさくと実行してくれました。
根っからの生き物好きの学生さんも多く、大変なはずの作業の合間も楽しく過ごすことができました。
とても心強い!

【1日目】
まずは夕方、演習林宿舎に到着。
この日は翌日以降の調査内容の説明と、私まつくらから「菌類の生態」に関する講義を行いました。
新潟大では初めての講義でしたが、学生の皆さんにも菌類という生物やその生き方に興味を持ってもらえたようです!
(さらに詳しく知りたい方は、佐渡研究室にまた遊びに来てくださいね)
講義の後は、翌日に備えて比較的早めに就寝していたようです。
本間先生の説明をしっかり聞いて、明日は長い一日になりそうだ!
【2日目】
いよいよ山での作業。
対象となる木は、ブナ・ホオノキ・イタヤカエデ・サワグルミ・カツラ・トチノキの6樹種。
班ごとにどの樹種を選んだかによって、その後の作業の大変さが変わる…かも?

午前中は地上部の測定と伐採、葉っぱをすべてむしりとるところまで。
午後はひたすら、根っこ掘り!
掘って掘って、堀りまくる!
ただし、菌根菌(植物の根と共生している菌類)は根の先端の微細な部位に付いているので、可能な限りデリケートにお願いしますね。
(作業中はとてもそれどころではありませんでしたが)
作業に使う道具一式、これだけでもトラックいっぱいです
さあ、みんな準備はできたかな?
さっそく伐採されたのはトチノキ
イタヤ班は葉の裏にハチの巣を見つけて観察中
いち早く根っこ堀りに移行したのはホオノキ班
サワグルミ班も負けじと追いかけます
ブナ班は地表面に細かい根が網状に広がり、一苦労
皆ここまでくると愛着なのか執念なのか、最後の一本までかき出そうと黙々と頑張っていました。
…しかし制限時間となり、最後は文明の利器ミニショベルのパワーで引っこ抜いてもらいました。
それでもブナとカツラは最後の抵抗?がすさまじく、何度か目のトライでようやく引き抜くことに成功。
本間先生…当初の予定ではこれをすべて人力でやろうとしていただなんて無理ですよー。
樹木の根は、ショベルでもぎりぎりほどの強さで張っていました
カツラの根は予想以上の巨大さ!!
表面の土を洗い流し、宿舎へと持ち帰ります
一日動き続けて疲労困憊と思いきや、室内でもまだまだ作業は続くのです。
特に、新鮮な葉で測定する必要がある項目(葉面積、気孔密度など)は、この日のうちに終わらせなければいけません。
私は途中で帰宅しましたが、作業は夜遅くまで続いたとのことです。
お疲れ気味?まだまだ元気?
この山積みの葉っぱたちの処理をせねば
【3日目】
この日は、残りの根や幹の測定が中心です。
根は、外生菌根菌の有無を顕微鏡で観察しました。
外生菌根は樹種によって形成する/しないが決まっているため、今回はブナでしか観察できませんでした。
本当は染色してアーバスキュラ菌根菌も観察できると面白いのですがね(実習中は時間が足りない)。
その他、TAのM2 平方くんから潜伏芽(長期間、休眠している芽)の観察についてレクチャーを受けました。
幹の皮をはぎ、その表面に芽の痕跡を探します。
学生の皆さんは、皮がつるっと剥ける気持ちよさにはまっていたようです。
カツラの根は、改めて見てもすごいボリューム!
顕微鏡で菌根菌を観察します
こちらは年輪を数えているところ
潜伏芽という存在、皆さんは知っていましたか?
皮の下はつるつるすべすべ
剥がした皮にも情報があるので、どこに着いていたかわかるようにね
こちらは重さを測定中…早く読んであげて!
予想に反し?、早めの時間にすべての測定が無事終わりました!!
そこで、急遽ご褒美のお疲れさま会が行われることに。
皆さん、頑張った甲斐がありましたねー。
データがすべて集まり、樹種間の違いが鮮明に
ハードな実習でしたが、お疲れさま!
【4日目】
この日は後片付けをして帰宅です。
努力の結晶、掘られた根っこたちは演習林の敷地の一角に飾られています。
(本間先生、後でちゃんと処理方法を考えてくださいね)
さまざまな樹種の根が並ぶ、不思議な空間
カツラの根と比べると、背が高いはずの彼らも小さく見えます
今回の実習も無事に終わり、ほっとしました!
来年度は別の樹種で行われるという噂。
また今回来ていた学生の中には、9月に別の実習で再度来島する予定の人も多いとか。
お待ちしていますね。

【おまけ】
運ばれてきた枝の上に、カリバチの仲間が獲物と思しきクモを一生懸命運んでいました。
途中何度も落ちそうになったり、ついつい応援したくなってしまいます。
ハチにとってはこの枝を渡りきるだけでも長い道のりなのですね。
しかし私には見えるのです、進む先にはすずらんテープ…
案の定、この後テープに絡まり四苦八苦していました