2017年6月23日金曜日

第27回佐渡ゼミのご案内(7/8トキ交流会館)

第27回佐渡ゼミのご案内

日時:7月8日(土)15時から(1時間程度)
 ※野外実習後の講演のため、時間が多少前後する可能性があります。
場所:トキ交流会館1階会議室(〒952-0103 新潟県佐渡市新穂潟上1101-1)

ラリー・ロペス 教授 (山形大学農学部)
Studies on greenhouse gases and tsunami related impacts on Japanese coastal forests.
温室効果ガスと津波が日本の海岸林に与える影響についての研究

※英語の講演ですが、ロペス先生は日本語での質疑応答も大丈夫です。
※事前申し込み、参加費不要です。

2017年6月22日木曜日

基礎農林学実習A1,2 B1,2

 皆さん、こんにちは。佐渡もそろそろ梅雨入りの時期になりました。
 
 今日は基礎農林実習の様子をお伝えいたします。基礎農林実習はフィールド科学教育研究センターが担当し、各フィールド(農場、演習林)で農業生産、生産環境保全及び森林の作業など、現場を実際に経験、観察することをテーマにした実習です。農学部の各学科によってAグループとBグループに別れての実習になります。AグループとBグループの佐渡での実習は基本的には同じなのですが、Aは2泊3日、Bは1泊2日の実習となっています。今回は、Aの里山での実習と、Bの演習林での実習の様子をメインにご紹介いたします(もちろん、Aも演習林での実習を、Bも里山での実習を行っています)。

では、Aグループの里山の実習から・・・
現在、新潟大学が地権者の方達から管理を任されている
キセン城のビオトープ。ここでは、実習だけでなく様々な
研究調査も行われています。
キセン城の説明を本間先生より受ける学生たち
キセン城を歩いて観察しながら実習場所までいきます。
キセン城での実習は、二次林の手入れと・・・
ビオトープでの生き物調査。
網を使って、一定の方法でビオトープ内の生き物を採集します。
そして、泥の中から生き物をソーティング&同定します。
ヤマアカガエルのオタマがいました!
こちらは、ビオトープの脇の樹木にぶら下がっていた
モリアオガエルの卵塊です。孵化したオタマジャクシも
少しだけ居ました。
次は、Bグループの演習林内での森林観察のご紹介
千手杉

風衝地は強風!霧と風が谷の下から駆け上がり、寒い!!
ダイオウスギ
(ダイオウイカみたい?)
人工林の説明を聞きます
最終日はビオトープで生物採取
佐渡の一般の方が所有している田んぼで
行わせていただきました。

最近では珍しくなった水生昆虫も!
基礎農林実習では、A, Bグループ合わせて91名の学生さん達が来島しました。皆さん、佐渡の魅力はまだまだあります!また来てくださいね。

2017年6月14日水曜日

東邦大学理学部 野外生態学実習Ⅱ (5/29〜6/2)

今年度の実習はじめは、東邦大学理学部の野外生態学実習Ⅱです。別名、森川海実習として、この数年、新潟大学の佐渡三施設(理学部附属臨海実験所、朱鷺・自然再生学研究センター)が協働し実施しています。今年は、5月29日〜6月2日の日程で教員、学生合わせて8人が来島しました。

この実習については、過去のブログも是非ご覧ください!→コチラから

初日は、朱鷺・自然再生学研究センターが入っている
トキ交流会館で水生昆虫の同定に関する講義を受けました。
水生昆虫の同定は初めての学生さんがほとんどです。
”う〜ん”とうめきながら、真剣な眼差しで検索表と顕微鏡を
往復していました。
同日、佐渡ゼミも開催いたしました東邦大学理学部の長谷川先生
による、伊豆諸島に生息する様々な生物のお話でした。
佐渡ゼミでは、会議室に入りきらないほどの参加者が!
皆さん、ご参加ありがとうございました。
翌日からは、晴天のもと、野外調査開始です。
演習林内を流れる大倉川の上、中、下流で水生昆虫の採集と
その流域の環境測定を行います。
(上の写真は、上流の調査地です)
最初に、河川での各調査方法のレクチャーを受けます。
測定についてのポイントや各道具の使い方など…
早速、調査開始です。皆さん、胴長を着用して川の中へ
最初は教員らのアドバイスを受けながら
覚束ない感じですが・・・
そのうち、”この地点では虫が少ないなぁ〜”
"川の流れが早いから?”など、調査をしながら
意見交換できる余裕も出てきました。
水生昆虫だけでなく、イワナもいました!
観察用に捕獲しました(観察後は川へ戻しました)

これが、採集した水生昆虫。
この後、顕微鏡を用いて同定します。
こちらは、中流の調査地。
こちらは、下流の調査地。
写真を見ただけでも、周囲の環境も大分違いますね。
これらが水生昆虫の分布に関係してくるのでしょうか?
野外での調査が終わった後も、講義やデータ整理、
水生昆虫の同定作業など、この実習は内容盛りだくさんです。
学生さんと一緒に顕微鏡を覗いて、同定ポイントを説明するなど、
教員も一緒に同定を行いました。
同定作業がひと段落すると、次は、水生昆虫の分布に関する
仮説を各班に立ててもらいます。仮説も、ただ思いつきでは
なく、理由と仮説になっているのか等を検討します。
そして、仮説を検証するために、
調査データの統計解析を行います。
最後に待っているのは、成果発表です。調査データ、
統計解析の結果、仮説に対する考察などをまとめます。
そして、プレゼンテーションです!
短い時間で野外調査、同定、データ解析、成果発表と
大変だったと思いますが、今年も最後までやり遂げました!
最後は、バーベキューで締めくくり!
炭をおこすのも、楽しみの一つです。

そして、かんぱーい!
佐渡の幸を思う存分堪能していただけましたか?
東邦大学の皆さま、来年のご来島もお待ちしてます!



2017年6月9日金曜日

プログラム紹介イベント(ミニオープンキャンパス)五十嵐

今年度から農学部は農学科1学科となり、6/7に流域環境学プログラムとフィールド科学人財育成プログラムの紹介イベントがありました。佐渡からは佐渡ステーション演習林、臨海実験所、朱鷺自然再生学研究センターのポスター紹介があり、演習林からは学生、教員、クロサンショウウオ、ヤマアカガエル、サワガニ、オオミスミソウが参加。
クロサンショウウオのクロサンは大人気!
佐渡では春にはたくさんの卵が見られます。
4年生が研究紹介をしています。
佐渡では、豊かな森川海環境を利用した様々な研究が行われています!
トッキッキーのとっぴーとオオヒシクイのクイクイも
場を盛り上げています!
バーベキューでは様々なジビエが焼かれていましたが、大盛況で食べ逃しました!残念!

2017年6月8日木曜日

平成29年度 公開実習参加者を募集中!

皆さま、こんにちは。ただ今、佐渡ステーションでは、平成29年度公開実習の参加者を募集中です。募集している実習は、以下の3つになります。

この夏、佐渡島を満喫してみませんか?全国の大学生、大学院生の参加をお待ちしております!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1. (大学院生対象)「樹木生態学特論ー佐渡フィールドスタディー」
    実習期間:7月11日(火)〜7月14日(金) 
  申し込み締め切り:6月20日(火)

 フィールドで様々な樹木の生態や生活史を比較観察するとともに、植物生態写真の撮影方法をプロの植物写真家の指導のもとに学ぶ。
特別講師:植物写真家 いがりまさし氏
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2. (学部生対象)「フィールドワーカーのためのリスクマネジメント入門」
   実習期間:8月16日(水)〜8月19日(土) 
 申し込み締め切り:6月16日(金)

 救急救命、ロープワーク、地図読み、山道での運転など、フィールド調査に必要な基礎的技術や野外でのリスク回避について、座学と実地の両方で学。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3. (学部生対象)「公開環境学実習」
   実習期間:8月21日(月)〜8月23日(水) 
 申し込み締め切り:6月16日(金)

 佐渡島のトキの野生復帰現場となっている、里山・棚田生態系を題材に、半自然生態系の特徴や利用放棄された現状の観察を行う。また、異なる環境の水田やビオトープにおいて、生物調査を行い、水辺環境と生物多様性の関係性について学ぶ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

佐渡ステーションから眺める夕日

2017年6月6日火曜日

宿泊部屋、プチリニューアル?

皆さま、こんにちは。いよいよ、実習シーズンの到来です。今年度も学内実習、共同利用実習、てんこ盛りです。

さて、本格的に実習が始まる前に、利用アンケートや今年度の共同利用運営委員会で頂いた提案を元に、宿泊部屋をちょこっと模様替えしました。

布団置き場だった場所に、折りたたみのイスと
テーブルを置き、壁には身支度用の鏡を付けました。
(布団は各ベッドに移動しました) 
テーブルとイスを広げるとこんな感じです。
ちょっとした書き物、談話をする時にお使い下さい。
壁の鏡は、カーテン付きです。
使う時に、小物を置ける棚も付いています。

いろいろと忙しい実習中、宿泊部屋を少しでも快適に使ってもらえれば嬉しいです。

2017年5月31日水曜日

ロングライド、最後の1秒まで諦めるな!

佐渡ロングライドは、好天気に恵まれ朝から暑い日差しの中で行われました。私は、佐渡島を一周する210kmのコースに参加しました。朝、6時10分に佐和田を出発し、二見半島を経て、相川AS(20km)で小休止して出発しました。K先生の声援を受けて元気をもらいました。途中、ニセアカシアが真っ白な花を咲かせていました。入崎AS(40km)で、きな粉餅や大福のスイーツに舌鼓を打ちました。その後、小田集落の方の応援を受けて、佐渡ステーションには、予想タイムの8時30分に到着し、MくんとHくんの応援を受け、再び出発。この時は、まだまだ余裕でした。



関でKさんの太鼓の応援、五十浦でHさんの、岩谷口でTさんの応援を受け Z 坂に挑みました。思っていたよりも楽に登りきり、大野亀へ向かいました。これで知り合いからの応援は終わりです。トビシマカンゾウやイワユリがすでに咲はじまています。今年も開花は早いようです。はじき野AS(72km)を予想タイムの10時に通過、これからは比較的平坦なコースを両津港へ向かいます。両津BS(弁当ステーション)(100km)に11時20分に到着。予想タイムより10分早く着きました。そぼろおにぎり弁当やプリンをいただき、水分補給をして、11時40分に出発。12時が両津出発の制限時間でしたので、20分の貯金を持って多田AS(140km)へ向かいます。この辺りから、気温がかなり上がってきたのを感じました。多田ASには、13時40分に到着。予想タイム(13時30分)より10分遅れですが、両津を出発した際の20分の貯金は保ちました。そして小木AS(162km)に向かいますが、この辺りから体全体に疲労感と足の筋肉になんとなく違和感が感じられるようになってきました。小木の制限時間が15時でしたが、この22kmの区間で20分の貯金を使い果たしてしまいます。自転車のサイクルメーターの距離と時間から小木には制限時間内につけるかどうか微妙になってきました。しかし、周りの参加者が猛然とスピードを上げて小木ASを目指し始めたので、私もとにかくあとのことは考えずに小木の制限時間をクリアーすることだけを考えてペダルを漕ぎました。そして、小木に着いた時には、係りの人が、あと30秒でタイムオーバーと叫んでいるのが耳に入りました。かなり疲れていたので休みたいし、給水したかったのですが、そうすると、ここでリタイアせねばなりません。しかも、この先にはこれ以上の急坂が立ちはだかり、到底時間内にゴールできるとは思えませんでした。そこで、私が選んだ道は?

この後は、私のHPをごらんください。ボス