2021年10月27日水曜日

頸腺毒を外敵に向け威嚇するヤマカガシ

見逃し配信にちなんで、講師をしていただいた澤田さんの動画を紹介します!

「頸腺毒を外敵に向け威嚇するヤマカガシ」↓
https://youtu.be/_KKIbEWcB2k

「ヘビ・カエル王国“佐渡島” 彼らはどこでどのように暮らしているのか」見逃し配信はこちら↓
https://youtu.be/pG0T2R1usM0
こちらは本日の鳴子峡(宮城)

2021年10月26日火曜日

【期間限定】第47回佐渡ゼミ見逃し配信「ヘビ・カエル王国“佐渡島” 彼らはどこでどのように暮らしているのか」

10月21日に実施された第47回佐渡ゼミの見逃し配信を希望する声にお応えし、講演の様子を期間限定でYouTube上にアップすることと致しました。

下記のURLから動画を視聴することが出来ますので、是非アクセスしてみてください!
https://youtu.be/pG0T2R1usM0
なお、動画は11月30日以降は非公開とさせていただきますのでご了承ください。

小笠原海底火山から沖縄への黒潮反流の証拠

ニュースを騒がせている例の軽石、いただきました!海底火山「福徳岡ノ場」の噴出物で、沖縄などに大量に漂着しているそうです。

船舶や魚に大迷惑な軽石の漂着ですが、小笠原と南西諸島で遺伝的に近い集団もあるので、その証拠の一つでもあるなーとロマンが掻き立てられます。

コダマみたい
黒い黒曜石のような粒も気になります
魚が軽石を食べてしまって大量死もニュースになっていますね。てことは、海にぷかぷか浮いた種子を魚が食べて運ぶ、その魚を鳥やマグロが・・・などの二次散布、三次散布など、こちらもロマンが広がります。漁業関係者の方など、大変なところ、申し訳ありません。

2021年10月25日月曜日

育林系演習及び実習(9/18-20、10/1-3)

91820日と1013日の2回に分けて新潟大学農学部の育林系演習及び実習(佐渡実習)が実施されました。

この実習の目的は、鉈鋸、刈り払い機、チェーンソーの扱い方や枝打ちの仕方、スギ苗の植栽など、林業を行う上で必要な知識や技術を身に着けることです。

参加した学生のほとんどが初めてチェーンソーに触れるということでしたが、事故もなく無事に実習を終えることができました。

初日は鉈研ぎと刈り払い機の使用法について解説がありました。

手道具の管理は野外での作業を安全に行うために重要な作業です。

鉈の刃を立てすぎず、寝かせすぎず砥石に当てるのがポイントです。

続いて刈り払い。みなさん上手に刈れたでしょうか?

刈り払いの際は手の力はあまり使わず、腰の回転を利用して刃を動かすと疲れにくいです。

2日目はいよいよ山での作業が始まります。

まず初めに、前日に研いだ鉈を使って林道沿いの低木の切り倒しを行いました。

自分で研いだ鉈の切れ味はいかがだったでしょうか?

続いては一本梯子を利用したスギの木の枝打ちです。


技官さんたちの指導の下チェーンソーの取り扱い方を学びました。

チェーンソーを使ったスギの間伐や玉切りを実際に行い機械の扱いや身のこなし方を覚えました。

最終日はスギの苗木の植栽をしました。

実は私も6年前の実習に学生として参加し、苗木の植栽を行ったのですが、月日がたち立派なスギの木に成長していました。

2021年10月20日水曜日

佐渡ゼミ再再告知!3回目は10/21(木)19-20時 ヘビ・カエル王国“佐渡島”

オンライン佐渡ゼミ、3回目が明日に迫りましたので、再告知です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は令和3年度オンライン佐渡ゼミの告知をさせていただきます。
佐渡ゼミはzoomによるオンライン形式での開催を予定しています。

明日は筑波大学澤田聖人さんに講師を務めていただきます。両生爬虫類王国の佐渡島での、ヘビやカエルの面白い生態が聞けます!是非、お越しください!


10月21日(木)19-20時
講師:筑波大学博士後期課程 澤田聖人
講演タイトル「ヘビ・カエル王国“佐渡島”-彼らはどこでどのように暮らしているのか-」

申し込み方法(締め切り:各講演の前日17時まで
お申し込みは下記のGoogleフォームよりお願い致します。
URL:https://forms.gle/QLyx8H9QKRjZz2CQ6

後日講演のIDとパスワードをメールにてご連絡致します。

※講演当日の15時を過ぎてもIDとパスワードが送られてこない場合はお手数ですが下記のアドレスにお問い合わせください。
※Googleフォームをご利用いただけない場合は、①氏名、②所属、③参加を希望する講演を記入いただきsadoken2011@gmail.comにご連絡ください。

イベントチラシ
http://www.agr.niigata-u.ac.jp/fc/sado_html/pdf/sadozemi2021.pdf


2021年10月13日水曜日

佐渡ゼミ再告知!2回目は10/14(木)19-20時 森林限界の樹木ダケカンバの温暖地での生育試験

 2回目が明日に迫りましたので、再告知です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今回は令和3年度オンライン佐渡ゼミの告知をさせていただきます。
佐渡ゼミはzoomによるオンライン形式での開催を予定しています。
明日は筑波大学博士後期課程の相原隆貴さん、21日は澤田聖人さんに講師を務めていただく予定です。是非、お越しください!

■日程
10月7日(木)19-20時 →終了しました
講師:筑波大学教授 津村義彦
講演タイトル「佐渡天然スギの遺伝的特性」

10月14日(木)19-20時
講師:筑波大学博士後期課程 相原隆貴
講演タイトル「森林限界の樹木ダケカンバの温暖地での生育試験」

10月21日(木)19-20時
講師:筑波大学博士後期課程 澤田聖人
講演タイトル「ヘビ・カエル王国“佐渡島”-彼らはどこでどのように暮らしているのか-」

申し込み方法(締め切り:各講演の前日17時まで
お申し込みは下記のGoogleフォームよりお願い致します。
URL:https://forms.gle/QLyx8H9QKRjZz2CQ6
後日講演のIDとパスワードをメールにてご連絡致します。
※講演当日の15時を過ぎてもIDとパスワードが送られてこない場合はお手数ですが下記のアドレスにお問い合わせください。
※Googleフォームをご利用いただけない場合は、①氏名、②所属、③参加を希望する講演を記入いただきsadoken2011@gmail.comにご連絡ください。

イベントチラシ
http://www.agr.niigata-u.ac.jp/fc/sado_html/pdf/sadozemi2021.pdf

2021年10月8日金曜日

樹木学実習(9/14-17)

佐渡研修士1年のHです。

91417日にかけて佐渡島にて樹木学実習が実施されました。

今回の実習はおおまかに、佐渡島に生育する111種類もの樹木から枝葉を採取し、標本作成・同定を行うといった内容となります。

2年生から4年生までが受講しており、すでに樹木に詳しい学生からほとんど名前がわからない学生まで、いろんな学生が参加していました。私はTA(ティーチングアシスタント)として参加し、実習中は技術職員さんと共に高枝切り鋏で葉を採取していました。

1日目は小佐渡で樹木の採取を行いました。

先生は樹木の名前は言いませんが、それぞれの樹木の生態や特徴をヒントとして学生に説明していました。

夜は先生の講義で、標本の作り方を説明。

学生は説明通りにせっせと採取した枝葉を標本にしていました。

2日目は新潟大学の演習林内で樹木を採取しました。

1日目同様、夜は採取した樹木で標本作成&同定作業。

3日目は演習林内の樹木について、名前を含めどのような樹種か解説しました。

今回の樹木学実習は、崎尾先生が担当する最後の実習となりました。

もしかしたら多くの樹種を学べる実習は、これが最後になるかもしれません。

学生には、樹木学実習を通して樹木の面白さを知っていただければ幸いです。