2018年7月18日水曜日

基礎農林学実習 in 佐渡 (6/11〜14, 7/2〜5)

皆さま、こんにちは。暑い日が続きますね。野外で実習や調査を行う際は、十分な水分補給を心がけましょう!

今回は、農学部最大規模の実習、基礎農林学実習を紹介いたします。基礎農林学実習はフィールド科学教育研究センターが担当し、各フィールド(農場畜産部、農場耕地部、演習林)で農業生産、生産環境保全及び森林の作業など、現場を実際に経験、観察することをテーマにした実習です。今年は、農学部2年生全員と創生学部(一部)の学生さん計196名が受講しました。佐渡では、6班に分かれ、1泊2日で演習林内の天然林、人工林と小佐渡の棚田ビオトープと里山林の観察を行いました。
演習林のスギ天然林の観察から実習スタートです。
各班32~34名の大所帯でした。

天然林の観察は、スギだけでなく、森林全体にも注目してもらい、
後で人工林との違いをレポートで提出してもらいます。
こちらは、天然木の切り株を観察しているところ。
切り株には、その木の成長具合や林の状態の情報が詰まっています。
演習林で一番強い風が吹く場所(風衝地)で、風が樹木に与える
影響についても学びました。
上記の写真と同じ場所ですが、こちらは、晴れてている時です。
今回は、6班に分かれていましたので、見ることのできた景色も様々でした。
晴れているときは、風衝地から日本海が一望できます。

次に人工林の観察を行いました。
ここは、苗を植えて2年ぐらい経った場所です。
こちらは、苗を植えてから30~40年間
様々な手入れをしながら育てたスギの人工林です。
同じ種なのに、天然のスギとは形が全く違います。
人工林では、チェーンソーでの伐採も
見学しました。
夕食前、夕食後には、佐渡の自然やトキの野生復帰の取り組みなど
についての講義もありました。野外での疲れもあって、
特に夕食後は眠気との戦い??
2日目は、小佐渡で棚田ビオトープと里山林の観察を行いました。
一般の方が、トキの餌場になるように、自分の畑でビオトープや
里山林の管理に取り組んでいる場所です。
 
しかし、その広さは驚くばかりです。
”とりあえず、見える場所はうちの土地かなぁ~”
というくらいの広さです。

 

ここのお米を作らなくなった田圃で、トキの餌場に
なるように様々な工夫をこらしたビオトープを作っています。
ビオトープでは、今では貴重な在来の生物もいます。
実際に採取して、観察も行いました。
最後は、トキの森公園でトキについて学びました。

農学部、創生学部の学生の皆さん、実習お疲れ様でした!時間の制限もあり、駆け足での実習でしたが、いかがでしたか?来年も、実習での来島待ってまーす。

2018年7月11日水曜日

第33回佐渡ゼミ 7/25(水)19:30〜 in佐渡ステーション

皆さま、こんにちは!第33回佐渡ゼミの案内をさせていただきます。今回の佐渡ゼミは、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の実習の一部として行います。

発表は、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園で研究されている中村さんと佐渡研究室の学生2人の発表となります。佐渡研の学生さんの発表は、佐渡の里山で行っている研究についてです。発表は英語ですが、質疑応答は日本語でも大丈夫ですので、皆さまお誘い合わせの上、是非ご参加ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第33回佐渡ゼミ

日時:7月25日(水)19時30分〜
場所:新潟大学農学部附属 佐渡ステーション (佐渡市小田94-2)

題目1:
Invitation to forest canopy ecology: global scale collaboration opportunities
林冠生態学研究:地球規模での共同研究を目指して
中村彰宏先生(中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園)

題目2:
Nitrogen budget in Satoyama
里山における窒素収支
井田勇也(佐渡研究室修士2年)

題目3:
The relationship between resprouting ability and bud development of oak tree in a coppice forest and its silvicultural application.
里山構成種における萌芽枝形成と抑制芽との関係
平方広大(佐渡研究室修士1年)

発表要旨はコチラ
(佐渡ステーションHPのPDFファイルにリンクしています)

事前申し込み、参加費は不要です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クロホウジャク(?)の幼虫
今年は、演習林内の一部で大発生しています。




2018年7月6日金曜日

新潟農業・バイオ専門学校 (7/26〜7/29)

 皆さま、こんにちは。今年度も新潟農業・バイオ専門学校の園芸デザイン科1年生の樹木研修を行いました。今年度は、学生15名、教員1名、外部講師1名の計17名で来島されました。3泊4日の日程で小佐渡、大佐渡で樹木を約70種採取し、それらの同定を行いました。
お揃いの野外作業着に身を包み、採取開始です。
高枝切り鋏でまとめて取った樹木を各自剪定ばさみでカットし
採取袋に入れていきます。
こちらは、越後松之山森の学校キョロロの学芸員の小林さん。
外部講師として、毎年、バイオの皆さんと来島されます。
樹木の採取時に、その特徴などについても解説していきます。
今年は、マタタビの花が沢山咲いていました。
慣れない、植物採取や同定を行う中で、
食事の時間は楽しみな時間になっているようでした。
樹木の同定を終えた最終日は、新穂にある和田邸の
ビオトープの見学をしました。
佐渡ステーションの本間准教授より、
ビオトープについての解説を聞く学生さんら。
和田邸は、その敷地面積は広く、
全てを見て回るには半日は必要だそうです。
今回は、時間が限られていたので、
ちょこっとだけ見学させていただきました。
こちらは、敷地内のスギの林です。以前は竹が侵入し、
荒れ放題だったのですが、和田さんやNPOの活動により
竹を除伐したそうです。竹の過剰な繁殖は、
佐渡の里地で問題になっている課題の一つだそうです。
新潟農業・バイオ専門学校の皆さん、実習お疲れ様でした。佐渡はいかがでしたか?またのご来島をお待ちしております。

2018年6月9日土曜日

公開林間実習2018(8/18〜8/19)、参加者募集中!

今年も、どなたでも参加いただける公開林間実習を開催します!
参加をご希望の方は、佐渡ステーションまでお申し込みを!!
申し込み締め切りは、7月27日となっております。


公開林間実習の詳細な内容や参加申し込み書はコチラ

昨年の公開林間実習の様子はコチラ

2018年6月8日金曜日

新潟大学フィールドP_フィールドナビ6/7

昨日、農学部と理学部合同でフィールド科学人材育成プログラムの紹介を行うフィールドナビが五十嵐の図書館で開催されました!
修士課程2年のN君が佐渡研究室の説明しています。
後ろにはオオヒシクイのクイクイが
崎尾先生も
こちらは理学部臨海実験所のブース
フィールドナビのあとは農学部中庭でBBQ
ジビエ焼肉も堪能できました!
フィールドナビの準備、実施を行っていただいた先生方、学生さん、ありがとうございました!多くの学生さんがフィールドプログラムを希望していただけることを期待しております!(流域環境学プログラムもよろしくね!)



2018年6月6日水曜日

東邦大学理学部 野外生態学実習Ⅱ (5/28〜6/1)

皆さま、こんにちは!今年度も、東邦大学理学部の野外生態学実習Ⅱ(森川海実習)を新潟大学の佐渡三施設(理学部附属臨海実験所、朱鷺・自然再生学研究センター)で協働し実施しました。今年は、5月28日〜6月1日の日程で教員、学生合わせて13人が来島しました。

この実習については、過去のブログも是非ご覧ください!→コチラから
今年の学生さんらも元気いっぱいです!
(女子学生のみ写っていますが、男子学生も元気いっぱいでしたよ)
初日の夜は、佐渡島の自然についての講義です。
そして、明日からの実習に備えて、沢山食べます!
実習二日目(実質、1日目?)は、演習林を流れる河川の
上流と下流で水生昆虫の採取とその分布の要因と考えられる
様々な項目(流速や水深など)を測定します。写真は、初めに
調査方法のレクチャーを受けている所です。
先は長いぞ、がんばれー
では、早速調査開始です。まずは、各班、調査地点を決めます。
流れの速い場所、遅い場所や水深の深さ、日の当たる場所・・・・
同じ流域でも、環境は僅かな違いがあります。
各班、地点決めにはかなり悩んだ様子でした。
調査地点が決まれば、後は、ひたすら測定&採取です。
箱メガネを使って、川底の石の大きさを測定しています。
こちらは、調査地点の川底をタモ網で浚い、
その中にいる水生昆虫を採取しています。
がんばれー
調査で動いた後のお弁当も格別!
上流から下流までは、河川の周辺環境を
観察しながら徒歩で移動しました。
中流で一休み。上流との環境の違い、気づいてくれたかなぁ〜?
そして、下流に到着!下流でも上流と同様の調査を行います。
こちらは、水深も浅いし、上流に比べたら調査は楽??
ガンバレー
この実習、忙しいのは野外調査だけではありません。
夜は、水生昆虫の同定やデータの解析などもあり、大忙しです。
写真は、水生昆虫の同定方法の講義を受けている所です。
講義の後は、実際に、昼の調査で採取した水生昆虫を
同定しています。
こちらは、例年、学生さんらが苦戦している、水生昆虫の
分布に関する仮説立て。
先生の指導を受けながら、練り直していきます。
各班で意見をかわしながら、何度も黒板に書き直していきます。
ガンバレー
今年度は、水生昆虫だけでなく、それを捕食する魚類の調査にも
力を入れました。ヴェーダーを着込んで移動する学生さん。
なかなか、迫力ありますね〜。
一番種数が多かった班にはご褒美を!と言うH先生の言葉に
学生さんらは大張り切りです。
さてさて、どんな魚類が採取できたのか・・・
アユカケ
(初めてみました!)
ルリヨリノボリ、スミウキゴリ、シマウキゴリなど・・・
調査も、同定も、データ解析も、成果発表の準備も
終わった後は、楽しい打ち上げです!
この日は直前まで雨が降っていたのですが、
BBQが始まる頃には止んでいました。
そして、最終日の午前中は学生さんらの成果発表を行いました。
飲んで、楽しんだ後でも、しっかりと発表していました。
大学に帰り、さらにブラッシュアップしてレポートを提出するそうです。
オツカレサマでした!
東邦大学の皆さん、実習お疲れ様でした!またのご来島をお待ちしてます。

※ちなみに、途中でチョイチョイ挟んでいた爬虫類や鳥類の写真は、東邦大学のH先生が撮影した、選りすぐり写真です!