2012年4月4日水曜日

春の嵐

昨夜から今日にかけて佐渡島は大荒れの天候でした。こんな天気は佐渡に4年間住んでいて初めてでした。私は昨日は佐渡ステーションで勤務しており、天気予報で夕方から風雨が強まるという情報を得ていました。しかし、天候は急速に悪化し、6時頃には風雨が激しく、海の波も数㍍の高さになってきました。


video


アパートに帰るには、海岸どおりの道を一時間近く車で走らなければならず、迷ったあげく、今夜は佐渡ステーションに泊まることにしました。夜がふけるにつれ風雨が強まり、波の音もすぐ近くに聞こえるようになってきました。11時過ぎに風呂に入ろうと思った時に停電になり、朝の7時頃まで続きました。夜寝ようとした時は、強風のためにログハウスの事務棟がかなり揺れ、屋根が飛んでしまうのではないかと心配になりましたがそのまま朝までぐっすりと眠りました。朝起きて、出勤してきた職員に資在庫がバラバラに分解して飛んでしまったこと、プレハブの2階建ての学生の宿泊棟が1m以上も移動していることを聞きびっくりしました。鋼鉄製の重たいゴミ置きも転がっていました。また、ログハウスの雨漏りも深刻でした。


4月の下旬からは学生が卒業研究や修士論文の研究で佐渡ステーションに宿泊するようになるので至急宿泊棟の修理をしなければなりません。佐渡の両津では40mをこえる風が吹いたということですが、佐渡ステーションでもかなりの風が吹いたようです。インターネットも一日中不通となり、大学とは電話とファックスでのやり取りとなりました。夕方、アパートに帰る途中では、陸に打ち上げられた船や、全潰した家屋、道路に打ち上げられた海岸の砂利、砂、ゴミなどひどい荒れようでした。



昨夜は、アパートに帰らなかったことは、賢い選択でした。もし、無理して帰っていたら、最低でも砂利やゴミの混ざった大波を車の上にかぶっていたことでしょう。この悪天候は佐渡汽船にも大きな影響を与え、昨日の昼過ぎから、今日一日中、すべてのフェリーとジェットフォイルが欠航しました(ボス)。

2 件のコメント:

  1. こんなことになってしまっていたのですね!!!
    本当にびっくりの一言です・・・!!!
    プレハブが1mも動いてしまったんですね・・・

    みなさまご無事で何よりでした。

    返信削除
  2. プレハブ。風に揺られて1mも動いたんですね。すごい。

    島内ではナラガレ被害にあった木が数多く風倒しているのでしょうか?

    返信削除